忍者ブログ
[1679]  [1677]  [1676]  [1675]  [1674]  [1680]  [1673]  [1672]  [1671]  [1670]  [1669
週末は龍谷大学瀬田キャンパス内にある学習センターにて、放送大学の面接授業でした。

今回受講したのは「アイルランドの文学と芸術」。講師は真鍋晶子先生でした。

アイルランドに興味があると言うよりも、海外文学が好きなことから履修した科目でしたが、二日間の講義を受けて、すっかりアイルランドに魅了されました。

そもそも私は完全にアイスランドと勘違いしていて、極寒の土地だと思っていたけれど、アイルランドは日本で言うと年中秋くらいの気温らしい。
1日の中で全ての気象、全ての季節を体感すると言われるくらい天気が変わりやすいのだとか。
ただ、雪は滅多にないそうです。


国土は北海道と同じくらいで、人口は現在350万人ほど。
言語は元々はアイルランド語ですが、イギリスの支配により現在は殆どの人が英語を話すそう。若い世代ではもうアイルランド語が話せないため、学校で教育されているようです。

道路標識などの公的な看板は英語とアイルランド語の両方があるとのこと。


アイルランドは主に4つの地域に分かれており、北アイルランドはイギリス、それ以外の地域がアイルランド共和国とのことです。


授業の中で先生がアイルランドの音楽を聴かせてくれたのですが、歌詞は一切分からないけれど、すごく美しくて涙がでそうになった。

小泉八雲やイエイツについても興味をもったので、早速Kindleでダウンロードしました。


日記には書ききれないくらい、本当に素晴らしい授業でした。
しかし瀬田キャンパスは遠かった!
PR
日付
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]