忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
昨日小型二輪(AT)の卒業検定があり、奇跡的に合格しました。

先日の日記でも触れた通り、一本橋の成功率からすると、合格は微妙なところだったのですが、緊張感の中でいつもより集中力が高かったのか、無事渡りきりました。

そして早速バイクの契約に行き、この秋のツーリングがとにかく楽しみです。


周囲をそそのかして、ツーリング仲間を増やしたい気分。


PR
物騒なタイトルですが、最近の私は一本橋に悩んでいます。


実は先日から小型二輪(AT)の免許取得のために、およそ20年ぶりに自動車学校に通っています。

8時間の教習をすべて終えて、あとは卒業検定を残すのみですが、課題のひとつの一本橋の成功率があまりよくなく、卒検の不安要素となっています。


最初の頃はあまり深く考えていなかったので気楽に乗れていたのに、最後の教習でよくわからなくなり、全然うまく乗れなくなってしまったのです。

ただまっすぐ走るだけなのに、なぜあんなに難しいのか…


できれば一発合格でその日に免許を更新し、バイクを買いに行きたいので、天使が降りてきてまっすぐ走らせてくれますように。

平成最後の夏。


今月は人生の節目を迎えたり、5年ぶりの函館でのGLAYのライブに参加したり、さくらももこ先生の悲しい知らせがあったり、人生の喜怒哀楽の全てを詰め込んだような長い1ヶ月でした。


明日から9月。

オトナになった今でも、8月31日は夏休み最後の日の気持ちになる。
学校に行くのが嫌だと思ったことは全然ないけれど、夏休みって、なんて素敵な時間だったんだろうと、今になって思う。

でも、オトナになって、夏休みよりも自由な時間を得ている気がする。
生活も仕事も大変なことが多いけれど、すべては自分次第。


明日からも毎日を自分らしく、丁寧に生きていきたいと思います。
さくらももこ先生の訃報が、ニュース速報で流れた。


1980年代から1990年代のりぼん黄金期を語る上で、さくら先生の存在は欠かすことができないし、今でも日曜日にはほぼ毎週アニメのちびまる子ちゃんをみていたので、この喪失感をなんと表現すればよいのかわかりません。


小学生の頃、子供会のだんじりに、まるちゃんの絵を描かせてもらったことを、今でも鮮明に覚えています。


私はりぼんの漫画家にはなれなかったけど、りぼんと、あの頃活躍されていた作家さんたちへの尊敬や憧れの気持ちは、今でも変わらないです。

そして
さくら先生が遺してくださった作品は、これからもずっと、たくさんの人の心を温めるだろうと思います。


心よりご冥福をお祈りします。
本日は終戦記念日。

Yahoo!ニュースに、「平成最後の終戦記念日」という見出しがあった。
あまり平成最後の◯◯を意識していなかったけれど、そうか、最後なのかと。

平成の後半に生まれて、人生のほとんどが平成の時代だったので、元号が変わるってどういう感じだったかな。


今年も残り4ヶ月と少しですが、平成最後の◯◯に注目しながら過ごしたいと思います。
記念日を祝日にすれば、毎年休みになるからいいかなと思い、山の日に入籍しました。

しかし2020年のオリンピック年に、開会と閉会にあわせて海の日、山の日の日程が変更になるとか。

なんでやねん!

決定なのかは分かりませんが。


そんなわけで、人妻始めました。

特に変わらぬテンションで、マイペースに生きていきたいと思います。

今までお世話になったみなさま、今後も何卒よろしくお願いいたします。
仕事中はいつもラジオが流れていますが、今日が立秋だと聴いて驚きました。

秋の気配まったくなし。

早く涼しくなってほしいなぁ。
毎日とにかく暑いです。

仕事から帰ったらエアコンのタイマーが何故か暖房になっていて、今日の日記のネタになるなと思いながら、汗だくで夕飯を準備しました。


そして気がつけば8月。


今月はイベントが多く、スケジュールをしっかり管理せねば、なにか忘れてしまいそう。

楽しみなことも多いけれど、雑務も多く、この暑さにもいい加減に嫌気がさしてきたので、早く秋が来てほしいなぁ。
先日から、大阪北の地震や西日本の豪雨など不安な出来事が多い。

自分の人生も転換期を迎えていて、なんだか心が落ち着きません。

2018年後半は平和な日々になりますように!
週末は龍谷大学瀬田キャンパス内にある学習センターにて、放送大学の面接授業でした。

今回受講したのは「アイルランドの文学と芸術」。講師は真鍋晶子先生でした。

アイルランドに興味があると言うよりも、海外文学が好きなことから履修した科目でしたが、二日間の講義を受けて、すっかりアイルランドに魅了されました。

そもそも私は完全にアイスランドと勘違いしていて、極寒の土地だと思っていたけれど、アイルランドは日本で言うと年中秋くらいの気温らしい。
1日の中で全ての気象、全ての季節を体感すると言われるくらい天気が変わりやすいのだとか。
ただ、雪は滅多にないそうです。


国土は北海道と同じくらいで、人口は現在350万人ほど。
言語は元々はアイルランド語ですが、イギリスの支配により現在は殆どの人が英語を話すそう。若い世代ではもうアイルランド語が話せないため、学校で教育されているようです。

道路標識などの公的な看板は英語とアイルランド語の両方があるとのこと。


アイルランドは主に4つの地域に分かれており、北アイルランドはイギリス、それ以外の地域がアイルランド共和国とのことです。


授業の中で先生がアイルランドの音楽を聴かせてくれたのですが、歌詞は一切分からないけれど、すごく美しくて涙がでそうになった。

小泉八雲やイエイツについても興味をもったので、早速Kindleでダウンロードしました。


日記には書ききれないくらい、本当に素晴らしい授業でした。
しかし瀬田キャンパスは遠かった!
日付
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]