忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
週に1、2度は会社の外に出てランチをします。

中華そば屋でありながら、中華そば&牛すじカレーという不思議なランチセットを出しているお店があって、その牛すじカレーがとても美味しくて、それを目当てに足繁く通っていたのですが、今年の夏の終わり頃に突如閉店してしまいました。

あのおいしいカレーが食べれないことも悲しいし、何度か行くうちに顔を覚えてくれて、感じよく声をかけてくれたお店の奥さんに会えなくなることもさびしくて、どこか違う場所でまたお店をやってくれていたらな、とひそかに願っております。


そして数日後にそのお店の前を通ると「シチリア料理のお店、近日オープン」という看板が。

シチリア料理が具体的にどのような料理を指すのかわからないものの、オープンから数日後に早速ランチを食べに行ってみました。

お店の前のランチメニューの看板には

・日替わりランチのトマト煮込みハンバーグ
・塩レモンラーメン
・シチリア風カレー

という内容が。

ハンバーグとラーメンとカレー。

この時点でまぁまぁ不安になりながらも、厨房の調理風景がよく見えるカウンターの席について
好物のカレーを注文してみる。

ランチ激戦区のオフィス街のため、ランチタイムはどのお店も満席なことが多いけれど、そのお店はまだ認知されていないためか3分の1程度しか席が埋まっていない。
店の内装などは以前の中華そば屋さんの頃と何一つ変わらないのに、以前の店の明るい雰囲気や活気のようなものが完全に失われていて、なんだか気持ちが落ち込む空気。

お店のスタッフは、料理をする男性(以下店主とする)と、給仕をする女性の二人。
店主の風貌は仕事が出来そうなビジネスマンタイプで、女性スタッフはおっとり控えめで、接客業には珍しいタイプ。

出てきたカレーはなんとなくオシャレに盛られていて見た目は美しいものの、肝心の味はトマトの風味だけが強く正直美味しいとは言いがたかったので、お皿をかき混ぜながらさらに落ち込む。
人それぞれかと思いますが、カレーなのにスープがついてきた点にも私はひどくガッカリしました。

落ち込みながらも店の雰囲気を観察していると、オープンして間もないせいか、とにかく男性の手際が悪い。

私がカレーを頼んだ直後に二人連れの男性客が入ってきて、日替わりのハンバーグランチを頼んだのだけれど、その直前にフライパンに敷き詰められらハンバーグに冷たいトマトソースを補充していたため、その時点で全く煮こまれていない状態。

店主が厨房からハンバーグは時間がかかる旨を二人組の男性客に伝えたところ、「え〜!ランチは時間かぎられてるからねぇ・・・」と厳しい突っ込み。そう、ここは大阪・・・。

申し訳ないと謝る姿に私まで心苦しくなりつつも、なんとかカレーを残さず食べて、食後のコーヒーを急いでいただき、早々にお店を後にしました。


それから二ヶ月ほど経った今日、久々にそのお店にランチに出掛けました。

今日のランチメニューは
・日替わりランチ(チキンのレモンソテー)
・パスタ
・塩レモンラーメン
・シチリア風カレー

方向性はオープン当初から変わっていないようだ。
パスタは前回気付いていなかっただけで、前からあったかもしれない。

お店に入ったのは12時を10分ほど過ぎた頃だったけれど、店内には男性二人組と、4、5名の女性グループのみ。
10席ほどあるカウンターには誰もいなかったので、今日はさらに厨房の様子がよく見える席についてみる。

カレーはもう食べないので、とりあえず今日は日替わりを選択。
そして料理が来るまでカウンターから店主の手際をチェック。

今日はパスタの注文が多かったので、絶えず火にかけた大きな寸胴鍋でひたすらパスタをゆでながら、フライパンで炒めた具材にゆであがったパスタを加えては手早く和える姿には無駄がないように見えました。

オープンから二ヶ月経ってやはり成長したのね、と上から目線で眺めていた次の瞬間、私の元にやってきた日替わりランチを見て驚愕。

チキンめっちゃ焦げてる。
チキンとご飯とサラダが一緒に盛りつけられていて一瞬は綺麗に見えたものの、無視出来ないレベルの焦げ。
家庭料理でも人に出せないレベル。

しかし気を持ち直して、焦げているように見えるだけで、意外と食べれば大丈夫かも、と思いながら一口。
焦げはそれほど気にならなかったけれど、塩気もレモンの風味も足りない。

日頃物事に対する批判は出来る限りオブラートに包むことに努めているけれど、正直まずい。

しかし食べ物を残すことは私の方針に反するので、
「なぜこのレベルで店を開いているのか」
「味見はしているのか」
「シチリア料理はこういうものなのか」
という数々の疑問を脳内で撹拌しながら最後まで食べきりました。

食後のドリンク付きで850円というのは、天満橋界隈では手頃な値段なのだけれど、美味しいお店がいくつも立ち並ぶ中、これではどんどん客足が途絶えていくかもしれない。


観察対象としては面白いので、また次回もう少し時間が経ったら懲りずに行ってみようと思います。
PR


正確には2016年の元旦から始める予定ですが。
10年日記を買いました。

偶然見つけた丸川商店の日事記という日記帳。

松阪木綿という生地で深い藍色がとても上品。
中も非常にシンプルなレイアウト。

果たして三日坊主にならずに続けることができるかしら。


その前に、数年さぼっている年賀状を今年こそ用意しなくては。
週明けはいつも忙しいけれど、今日は特に忙しく、お昼休憩3分で10時間労働。
(休憩時間0のときもあるので、3分あればまし)

鬼の形相で仕事をしていたせいか、社長からケーキの差し入れを頂きました。

今週もがんばろう。




毎年この時期にワカヤマカメラ写真展を和歌浦アートキューブにて開催しており、今年も無事に終了いたしました。

気づけばワカメに入ってから5年。
写真の腕はまったくあがらないながらも、毎年写真展に参加できていることを嬉しく思います。
みんなでワイワイと楽しかったです。

ご来場くださった皆様ありがとうございました!


写真展に出展した作品はこちら

潮風の薫る夏の日
風の強い冬の日

Adobe Museを使って、ホームページをリニューアルしました。

IllustratorやPhotoshopのように手軽に使えるツールなので、トータル10時間かかってないくらいで完成です。

webデザインを本業とする人からすると、おそらくMuseは邪道なツールなのだろうと思いますが、Adobeの製品は本当にすごいな〜と思います。
使っていて楽しいし、創作意欲を掻き立てられます。

普段会社ではごく一般的なHTML、CSS、PHPをいじる程度なので、自力で動きのあるページを作るのは難しいのですが、Museのおかげで理想に近いページが出来ました。


http://niccoicchi.com/itosachiko/


今後もちょっとずつ手を加えていきますので、遊びにきてみてね。
30代も後半ですが現役女子大生なワタクシ。(怒らないでください)

一年にとる単位は10にも満たないので、まだ当面卒業予定はありませんが
自分のペースで学生生活を送っています。

授業は主に文学と芸術と哲学を履修します。

本を読むことも好きだし
芸術は創作することもも鑑賞することも私にとって生きる糧なので
それらについて学ぶことは楽しい。

しかし哲学という学問について調べようとすると
深い沼に吸い込まれていくように、迷子になります。


最近読んでいる本で、
哲学を学ぶ上で大切なのは「問い」を持つことだと書いてありました。

そこで問いを浮かべたときにまず出てきたのが

「植物はいつどうやって生まれたのか。植物が先か種が先か。」ということです。

ジレンマをかかえた状態を例える言葉としても使われる「ニワトリが先か卵が先か」というのと同じです。

どちらかがなければどちらかも存在しないという因果関係にあるこの問題。

ネットで調べると、科学的見解に基づいた回答が提供されていているものの
その時代を誰かが実際に見たわけではないから、本当のことなんて誰もわからないのではないか。
というところに辿り着きます。


宇宙はどうやってできたかとか
自分の存在についてとかを
突然考えてみてもろくな答えなどでないし
無理に絞り出すことも哲学ではないような気がするので
まずは哲学という学問について、これからしっかり勉強していきたいと思います。
無事に20歳と192か月の誕生日を迎えることができました。
メールやSNSのメッセージをもらい、とても嬉しく思っています。

日頃色んなSNSを活用していますが
最近メインに利用しているfacebookでは、小学校の頃からの旧友とも交流しており、
記事に対するコメントや、こういう日にメッセージをもらったときに
子供の頃からお互いを知っているんだなぁ、ということになんだか感動します。

仕事のストレスで身体はまぁまぁ弱っていますが
新しい一年も目に映るものに心から興味をもって
色んなことを吸収して成長できる毎日にしたいと思います。

今日から9月。
2015年もあと4か月。

最近読んでいる哲学の本にもとりあげられていましたが
大人になると一年のスピードが格段に速いです。

周りの大人達が口を揃えて言っていたことなので
おそらくそうなのだろうと思っていましたが
実際大人になってみて私自身もそのように感じています。

ではなぜ早く感じるのか。

それについては19世紀のフランスのピエール・ジャネという哲学者が心理的に解明しており、
「ジャネーの法則」と呼ばれるらしいです。

5歳にとっての1年は人生の5分の1だが
50歳にとっての1年は人生の50分の1であり
分数で考えてみると、5分の1と50分の1では分母の大きいほうが同じ1年でも小さい=心理的な時間の長さが短い。
という考え方のようです。


一日の長さはそれほど短く感じないのに振り返った時に短く感じるのは
新しく記憶する事柄(新鮮な出来事)が少ないためらしく、

たとえば、私は仕事が終わったら仕事のことは思い出さない人間ですが、

「昨日はこんな仕事をして、今日あんな仕事をした」と覚えている人より

「昨日も今日も仕事した」

としか記憶していない私はますます時間の経過を早く感じるのかもしれない。


旅行に出かけたとき、見るもの触れるもの全てが目新しく新鮮で、一日を長く感じるものですが
記憶に留まるデータ量も時間の感じ方に影響するということですね。


2005年頃から日記を書き始めて
365日書いた頃もあったけれど
何気ない一日を振り返ることができる日記って、振り返った時にそれなりの価値を感じます。

言葉を綴ることで得られるものも、
消耗することもあるのだけれど。


一日にひとつは楽しいことを見つけて
一日に一度は世界を美しいと感じられるように丁寧に過ごしたい
というのが私の人生のテーマのひとつなので
ふと思ったことはできる限り残していきたいなと思います。
今の会社に入社して6年目なのですが
ずっと今までオフィスではFM802が流れていたのです。

それがある日突然、社長の「飽きた」の一言でFM COCOLO(ココロ)に。

802は比較的若者向けな選曲が多く、私の好みも間違いなく802なので
突然番組が変わった時の動揺たるや大変なものでございました。

流れる曲と言ったら
円広志
矢野顕子
井上陽水
渡辺真知子
長淵剛
エトセトラ(敬称略)

802で聴いたことが殆どないアーティストばかり。
90年代くらいの曲の多いこと。

時代にとらわれない名曲が逆に新鮮で悪くはないのですが
802DJのみなさんにもそれなりに愛着をもっていたので
ある日突然引っ越すことになった小学生のような切ない気持ちになりました。
(実際にはそのような経験はありませんが)

しかしいつまでも昔のクラスメイトを恋しがっていても前にすすめないので
最近はCOCOLOのDJさんにも注目しながら聴くようになりました。

平日の番組のことしか分かりませんが、
神戸発信のFMということで(?)外国人のDJさんが多いように思います。

やたら英語が聞こえてきます。

馴染める日がくるのでしょうか。


そんなFM COCOLOの今日の番組で流れてきた曲に、気になるものがありました。

何度も何度も「陽気に行こう」と繰り返す歌です。
こっちは仕事しとんねんと思いながらも、なぜかその歌詞に心掴まれ調べたところ、
高石ともや&ザ・ナターシャセブンの『陽気に行こう』という歌で、
実は陽気な歌どころではなく、大病を患った奥様を励ます歌だったのです。

原曲はアメリカの民謡なんだとか。


802DJの番組を聴けないのはさびしいけれど
色んな歌が聴けて、それはそれで楽しいFM COCOLOです。


(もちろんラジオを聴きに会社に行っているわけではないので
仕事も集中してがんばります。)
最近は日記を書く時間があまりなかったので
オリジナルのCMSに写真をアップしておりましたが
作品を展示する場に日記をダラダラ書くのもあれなので
ふとした日々のことはまたこちらにひっそり書いていこうと思います。

たまになにかの検索でここに辿りつく方以外
この日記に気づく方もいらっしゃらないかと思いますが。
日付
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]